その他の製品

UV-NIR SLM超広帯域空間光位相変調器

紫外(300nm)から近赤外(1100nm)に渡る超広帯域で光位相制御が可能な空間位相光変調器です。
主に極短パルス光のチャープ補償やパルス整形に有用です。

The product that was developed in Kyoto Photonics Society is the only one which is used for phase control of optical pulses with an ultrabroad-band from UV (300nm) to NIR (1100nm)

京都光技術研究会で開発

  1. 補償前の位相を読み込みます。
    Measured spectral phase before chirp compensation and intensity spectrum.
  2. 位相負荷が最小となるよう最適化します。
    Adjustment of spectral phase load per pixel for optimum compensation -minimization of phase load-.
  3. 最適化した位相負荷、および補償後の位相をシミュレーションし表示します。
    Spectral phase after compensation and optimized spectral phase load.
  4. 補償前後の光パルス強度、およびTL 光パルス強度をシミュレーションし表示します。
    Optical pulse profiles after and before chirp compensation and its TL pulse.
  5. 補償後の各ピクセル出力階調をシミュレーションし表示します。
    Pixel-number dependence of applied gray scale (effective voltage) corresponding to spectral phase after chirp compensation.
  6. 1)Opt.Lett.28(2003)2258, IEEE J.Sel.Top.Quntum.Electron.12(2006)213,Opt.Soc.Am.B24(2007)985, which were published by Yamashita e al, Hokkaido U.
仕様
ピクセル数 640pix
ライン&スペース Line:15μm Space:97μm
有効エリア 69.5mm × 10.6mm
分解能 256(8bit)
動作波長 300~1100nm
透過率 300nm 50%以上
350nm 70%
400nm 80%
800nm 80%
1100nm 80%
事例(極短パルス光の4f光学系におけるフィードバックチャープ補償)

6社の名前

http://www.daiko.co.jp/products.php?id=84 を参照。

カタログ資料ダウンロード はこちらから資料ダウンロードにはパスワードが必要です、下記よりパスワードを取得して下さい。

パスワード取得はこちらのフォームからお願いいたします。